【小林代表インタビュー】新入社員活躍祈願に込める想い

こんにちは。株式会社ファストコム 広報です。

新入社員活躍祈願後、小林代表にインタビューを行いました。

活躍祈願を行うワケとは。インタビューから見えてきた想いに迫ります。


 

➥そもそもなぜ活躍祈願を行うのでしょうか?

「困難に直面しても乗り越えられるよう、会社として応援したい。
そんな想いを一つの形にしたものが活躍祈願です。ファストコムでは人にフォーカスをあてることを企業理念に掲げています。しかし、人が人を意識するのは案外難しくて。こういう行事を通して、社員一人ひとりの存在を認識する機会にもなりますよね。」

➥活躍祈願にかける想いを教えてください。

「仕事との関わりの中で、人生をより豊かなものにしてほしい。
豊かとはお金だけではなく経験や出会い、情熱などです。順風満帆に進むようにと願い、活躍祈願を実施しています。」

➥新入社員にこうなってほしいと思う姿はありますか?

「変化を楽しめる人になってほしい。
自分の中の小さな変化に気づくことができたら、成長を実感できると思います。そのためにも、初心を忘れないでいてほしいですね。初心は一瞬だけなので。初心をいつまでも忘れないよう書き留めておくのがおすすめです。」

➥若い時にやっておいてよかったと思う経験はありますか?

「人生の先輩たちの声に耳を傾けること。
”頭の中でイメージができないことはリアルでもできない。”今でもなにかに迷った時、この言葉を自然と思い出します。若い時こそ、耳を傾けることをおすすめします。そこから道が拓けることが多いです。」

➥困難に直面した時どうやって乗り越えるか、社長目線でアドバイスをお願いします!

「立ち止まらない。とにかく前進すること。
前進と一言で言っても、色々な意味を含みます。例えば、躊躇しない、踏み込む、塗りかえるなど。一歩前に進めば必ず状況は変わるので、その一歩をためらわないでほしいですね。」


 

”人”を大切にする想い。

ファストコムには温かい人が多いです。それはきっと、小林代表の想いが連鎖しているのだと思いました。

新入社員活躍祈願もこの想いの延長です。