【祝二十歳】名刺入れをきっかけに知った社長の想いと、長沢ベルト工業さんから学ぶこと

初めまして!

今回の投稿は、株式会社ファストコム 採用・広報担当の青木からの発信です。
現在は専門学校に在籍しながら、働いています(^^)
今回はありがたいことに、1から記事を書く機会をいただきました…!!
非常に不安ですが、不安より楽しみな気持ちが大きいので、頑張ります。

2022.1.14

社長に突然呼び出され、戸惑いを隠せないOさんと私。
社長はニコニコだが私たちは緊張MAX‼

社長)突然呼び出したのには、ワケがあります。

私たち)はい…。(心の声:なんだろう…。怖いな〜)

社長)今日は、君たちの成人のお祝いをしたいと思ってね(^^)
集まってもらいました!

私たち)ありがとうございます!(心の声:やったー!よかったー!(T_T))


社長からのサプライズプレゼントとメッセージ

そしてここで、社長から私たちにプレゼントと温かいお言葉をいただきました。

Oさんには長沢ベルト工業の本革ベルトを

社長)社会人として、いずれ一家の大黒柱となることもあると思う。
お客様を支えることや家族を支えることは、足腰が大事なんだよね。
ベルトでしっかり腰を引き締めて頑張れ!

 

私には長沢ベルト工業の本革の名刺入れを

社長)名刺を持つということとは会社の顔となるということだよ。
なぜ名刺入れをプレゼントされたかちょっと考えてみてほしい(^^)
いずれその名刺入れを、自信を持って使ってくれることを期待しているよ。


最後にそれぞれの上司と記念撮影

(マスクの下は満面の笑みです!!)

記念撮影の準備をしている最中、社長がこっそり話しかけてくれました。

社長)本革の名刺入れは、長く使うと味が出てくるんだよ。(^^)
僕も父から名刺入れをもらって、すごく長く使ったな~。

私)そうなんですね!頂いた名刺入れ、味が出せるまで長く大切にして使います。(TT)

まさか社長から名刺入れを頂ける日がくるなんて、考えもしてなかったです…!!
ファストコムの面接で社長とお話したとき緊張でブルブル震えていたあの頃の自分に伝えてあげたいです。笑

成人を迎えましたが、まだ学生だからか実感があまりわかないのが正直なところです。
ですが、私には目標とするべき多くの大人がファストコムにいます。
ファストコムの先輩方のような常に挑戦し続ける立派な大人、立派な社会人になりたいです。社長から長沢ベルト工業の長澤社長のお話を聞き、より果敢に取り組む姿勢の大切さを学びました。私も時代の変化にうまく適応する大人を目指します。
最後に、今回このような場を設けて頂いたこと、
そして、ファストコムの一員になれたことをとても嬉しく思いました(^^)
これからは成人として自覚を持ち、謙虚な姿勢で今後の業務に向き合い、落ち着いた行動を心掛けていきたいです。

 


プレゼントに選ばれた『長沢ベルト工業』とは

社長がプレゼントとして選んでくださった「ベルト」「名刺入れ」は長沢ベルト工業さんのものです。
長沢ベルト工業は、葛飾区堀切でベルト製造工場として創業しました。
皮革ごとの特徴を生かすデザインを考え製品企画を行い、
昔ながらの伝統製法を守り続ける事により、長持ちする高品質な製品を維持しています。
また伝統製法を守り続けるだけでなく、周りの人の考えに逆行し、町工場でも必ずチャンスがあると信じ、努力と工夫で現代のビジネスやフォーマルなシチュエーションでは欠かせないベルトを、本革を使用して帯自体で伸縮させる技術を開発しました。

日本の情緒ある町工場を継承し、発展し続けられるその姿勢をとっても尊敬しています。

長沢ベルト工業が気になった方はこちら↓をクリック
長沢ベルト工業 WEBサイト